ディスクロードのメインテナンスSTEP3:ディスクブレーキのオイル交換

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

 

GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 DISC

非常に制動力が高く、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるディスクブレーキを搭載したロードバイクでございますが、そのパフォーマンスを維持するのも低下させてしまうのもお手入れ次第でございます。

ネットや雑誌でディスクブレーキを搭載したロードバイクの特集を目にする機会が多くなり、各メーカー様でも2020年には展開するモデルを積極的に増やす傾向にあり、ロードバイクのディスクブレーキ化は更に進んでいくと思われます。

 

ディスクブレーキを搭載したロードバイクが増える一方、ディスクブレーキに関する正しいメインテナンスについての情報はまだまだ少ないように思えます。ご自分が乗っていらっしゃるロードバイクのメインテナンスについて、いつどんなメインテナンスを!!どれくらいの頻度で行わないといけないのか!!!具体的に把握していらっしゃる方は少ないのではないでしょうか!?

サイクルショップオシガモ 店長「押鴨和範」

MTB全盛時代から現在のロードバイクがディスクブレーキ化される今日までディスクブレーキのメインテナンスに携わり、現在スポーツバイクメカニック認定講師としてプロショップ向けメインテナンスの教本作りにも携わらせていただいております店長「押鴨和範」がご提案させていただく「オシガモおすすめ!ディスクロードメインテナンス STEP3:「ディスクブレーキのオイル交換」

既にディスクロードにお乗りいただいている方も、ディスクロードのご購入をご検討いただいている方も、ご参考にしていただければ幸いでございます!

 

ブレーキというパーツは整備不良の場合、命にかかわるパーツでございます。特に今回ご紹介させていただきます作業は、専用工具や特殊な溶剤を使用するため、信頼のおけるプロショップにて作業をご依頼いただくことをお勧め致します。

 

『step3:ディスクブレーキのオイル交換』

1.あなたのディスクロードこんな状態になってませんか?

2.そろそろオイル交換!? あなたのディスクロードは大丈夫?

3.レバーの引きが軽くなる!「ディスクブレーキのオイル交換」

4.オシガモおすすめ!ディスクロードメインテナンス

 

ディスクローターの洗浄作業

前回はディスクロードのローター&ブレーキキャリパーの洗浄

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

ディスクローターの鉄粉除去作業 についてお話しをさせていただきました。

 

今回は、油圧ディスクブレーキのオイル交換についてご紹介させていただきます。

 

1.あなたのディスクロードこんな状態になってませんか?

どんな自転車もどんな物も使い続けていくには、メインテナンスが必要ですよね。

ところが、ご自分の愛車を大事にしたいとは思いつつも、走る時間に精一杯でメインテナンスに時間が取れない方も多いのではないでしょうか?

特にブレーキに関しましては、整備不良の場合、命にかかわるパーツでございますので、信頼のおけるショップにお持ち込みいただき、定期的にメインテナンスをしていただいくことをおすすめいたします。

 

特に以下のような状態になっている場合は早めのメインテナンスが必要です。

 

・購入して1年以上経っているのに何もメインテナンスをしていない。

・ブレーキのレバーストロークが以前より多く(深く)なった気がする。

・ブレーキレバーの引きが、以前より重くなってきた気がする

・保管の際は、横に倒した状態で保管をしている。

・保管の際は、ハンドルを下にして倒立させている。

ブレーキレバーを握っても反応がない(スカスカしてブレーキが効かない)

 

2.そろそろオイル交換!? あなたのディスクロードは大丈夫?

2-1:水鉄砲と似ている!?油圧ディスクブレーキ

突然ですが小さい頃に遊んだ「水鉄砲」覚えていますか? 油圧ディスクブレーキの構造って水鉄砲とちょっと似ています。

水鉄砲

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/ryoushi/detail/1316006.htmより引用

水鉄砲の場合

外から力が加わる(レバーを握る) → 水に圧力がかかる → 伝わった圧力により勢いよく水が飛び出す

 

ディスクブレーキ ローター&パッド

ディスクブレーキの場合

レバーを握る → ホース内のオイルに圧力が伝わる → 伝わる圧力によりキャリパー内のピストンが押し出され、ブレーキパッドがローターを挟み込み制動する

 

ディスクブレーキのホースに入っている「オイル」は、水鉄砲でいう「水」です!!

「水」の中に異質物が入っていたら、何も入っていない時よりも水の勢いは弱くなりますよね。

ディスクブレーキの「オイル」の中に異質物 (空気)が混入していたら伝わる圧力は弱まってしまいます。

最悪の場合、レバーを握っても力が伝わらないスカスカの状態になってしまうのです。

 

そうならない為に、

●日々の保管方法や車輪を外した際に注意すること

自転車を倒立させたままの状態で保管しない。

自転車を横に倒したままの状態で保管しない。

以下、シマノ様のマニュアルより引用しております。


引用開始

ディスクブレーキは自転車の倒立に対応できる設計ではありません。自転車を倒立、あるいは横にした場合、ブレーキが効かなく
なり大けがをするおそれがあります。乗車前に必ずブレーキレバーを握り、ブレーキが正常に作動する事を確認してください。ブ
レーキが効かなくなった場合は使用を中止し、販売店へご相談ください。
自転車を倒立させたり、横にした場合は、リザーバータンク内にはブリードニップルを取付ける際に残留したり、長時間の使用で
ブレーキシステム各部から集まってきた微少な気泡が存在することがあります。このディスクブレーキシステムは倒立に対応でき
る設計ではありません。自転車を倒立、あるいは横にした場合、リザーバータンク内の気泡がキャリパー方向に移動するおそれが
あり、この状態で走行するとブレーキが効かず大けがをするおそれがあります。

引用終わり


※シマノ様のマニュアルに記載されております。

車輪を外した時はブレーキパッド間にスペーサー(トランスポートデバイス)を挟み込むことを忘れないようにする。

●スペーサーが入っていない時にレバーを握らない。
※車輪を取外した場合はパッドスペーサーを装着することをお勧めいたします。車輪を取外した状態でブレーキレバーを握ってし
まった場合のピストンの飛び出しを防止します。

 

●年に1度、オイル交換をする

2-2:1年使い続けると、ブレーキホースのオイルはどうなっているのか?

油圧ブレーキの場合、ブレーキホースの中にはオイル充填されております。

さて、このオイル1年使い続けるとどうなっているのでしょうか?

 

使用済みのオイル

ディスクブレーキのオイル交換 使用済みオイル ディスクブレーキのオイル交換 使用済みオイル

 

新品のオイル

ディスクブレーキのオイル交換 新しいオイル

上が使用済みオイル、下が新品のオイルです。

色の違いお分かりになりますか?

新品のオイルに比べ、使用済みのオイルは濁っていますよね。

これは、熱による変色が主な原因です。

 

この濁ったオイルでも制動できなくはないですが、ブレーキレバーの引きが重くなり良好な状態とはいえません。オイルを交換することでブレーキレバーの引きが軽くなり、軽い力でしっかりとブレーキをかけることが出来ます!

 

2-3:オイル交換の頻度

どれくらいの頻度でオイル交換をすれば良いでしょう?

おすすめは「年に1回」です。

 

あまり乗っていない場合はどうしたらよいでしょうか?

中に入っているオイルの種類によります。

シマノ・カンパ「ミネラルオイル」 → 走行距離・お乗りいただいている頻度にによっては1年に1回でなくてもよい。

スラム「ブレーキフルード」 → オイル自体、吸湿性が高く劣化するのであまりお乗りいただいていない場合でも半年に一度くらいの割合で交換が必要

 

3.レバーの引きが軽くなる!「ディスクブレーキのオイル交換」

それでは、オイル交換の様子をご覧ください!

ディスクブレーキのオイル交換1

新しいオイルを充填します

 

 ディスクブレーキのメインテナンス オイル交換

4.オシガモおすすめ!ディスクロードメインテナンス

step1:ブレーキローター及びブレーキキャリパーの洗浄 頻度:1~2ヶ月に1回

ディスクブレーキメンテナンス クリーニング

 

step2:ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」 頻度:半年に1回

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

 

step3:ディスクブレーキのオイル交換(油圧式のみ) 頻度:最低でも1年に1回

ディスクブレーキのメインテナンス オイル交換

 

※ご使用状況により作業の頻度が異なる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

「サイクルショップ オシガモ」では、ディスクロードのメインテナンスを承らせていただいております。

日々、お客様の大事な自転車を大切に作業させていただいております!!

ディスクブレーキのメインテナンスに関しまして、お困りごとがございましたら、お問い合わせいただけるとありがたいです。

 

お問い合わせはこちらから承ります。

 

お電話でのお問い合わせは → TEL.047-387-2698

 

〒270-2213 千葉県松戸市五香7-2―7

 

(有)サイクルショップオシガモ

 

こちらの記事も是非ご覧ください!

「ディスクロードあるあるNG集」

「ディスクロードあるあるNG集」 ディスクブレーキのやってはいけない「あるある」をまとめてみました!もしかしてやっちゃってました!?

 

ディスクブレーキメンテナンス クリーニング

ディスクロードのメインテナンス皆さんどうされてますか?『ブレーキローター及びブレーキキャリパーの洗浄』をご紹介いたします!

 

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

ローターがピッカピカ!半年に1回の鉄粉除去メインテナンス

 

 

 

ディスクロードのメインテナンス step2:ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 DISC

非常に制動力が高く、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるディスクブレーキを搭載したロードバイクでございますが、そのパフォーマンスを維持するのも低下させてしまうのもお手入れ次第でございます。

ネットや雑誌でディスクブレーキを搭載したロードバイクの特集を目にする機会が多くなり、各メーカー様でも展開するモデルを積極的に増やしており、ロードバイクのディスクブレーキ化は進んでいくと思われます。

 

ディスクブレーキを搭載したロードバイクが増える一方、ディスクブレーキに関する正しいメインテナンスについての情報はまだまだ少ないように思えます。ご自分が乗っていらっしゃるロードバイクのメインテナンスについて、いつどんなメインテナンスを!!どれくらいの頻度で行わないといけないのか!!!具体的に把握していらっしゃる方は少ないのではないでしょうか!?

サイクルショップオシガモ 店長「押鴨和範」

MTB全盛時代から現在のロードバイクがディスクブレーキ化される今日までディスクブレーキのメインテナンスに携わり、現在スポーツバイクメカニック認定講師としてプロショップ向けメインテナンスの教本作りにも携わらせていただいております店長「押鴨和範」がご提案させていただく「オシガモおすすめ!ディスクロードメインテナンス STEP2:ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」

既にディスクロードにお乗りいただいている方も、ディスクロードのご購入をご検討いただいている方も、ご参考にしていただければ幸いでございます!

 

ブレーキというパーツは整備不良の場合、命にかかわるパーツでございますので、「やっぱり良く分からない?」と不安を抱えながら作業をされるのであれば、信頼のおけるショップにお持ち込みいただき作業ご依頼された方が宜しいかと存じます。

特に今回ご紹介させていただきます作業は、専用工具や特殊な溶剤を使用するため、信頼のおけるプロショップにて作業をご依頼いただくことをお勧め致します。

 

『step2:ローターがピッカピカ!鉄粉除去メインテナンス』

1.ディスクブレーキが制動する時、そこで何が起こっているか?

2.あなたのローターは大丈夫!?実はこんなについてる鉄粉!!

3.ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」

4.オシガモおすすめ!ディスクロードメインテナンス

 

ディスクローターの洗浄作業

前回はディスクロードのローター&ブレーキキャリパーの洗浄についてお話させていただきました。

 

今回は、中性洗剤だけでは落とせない鉄粉の除去についてご紹介させていただきます。

 

1.ディスクブレーキが制動する時、そこで何が起こっているか?

ディスクブレーキが作動し制動力が働く時、ディスクローターにブレーキパッドが押し当てられ、摩擦によりローターが制動します。

ディスクブレーキ ローター&パッド

この時、ブレーキパッドがローターを削り、その削りかすがローターに付着します。

それが今回のテーマーとなっている「鉄粉」です。

 

 

2.あなたのローターは大丈夫!?実はこんなについてる鉄粉!

「鉄粉なんてブレーキローターを見ても見えないし多分それほど付いていないでしょ!」と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか!?

 

・目視ではよく分かりません。

・ブレーキローターを手で触ってザラザラしているかどうか確認することもできません。

(ブレーキローターを素手で触ると手の油分が付着し、制動力が低下しますので決して触らないで下さい)

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

そこで、鉄に反応する特殊溶剤を塗布してみると…………………..この様に赤紫色に染まります!!

 

特殊溶剤が付着していた鉄粉の酸化物と反応し赤紫色なっているのです。

こちらのローターには鉄粉がローター全体に付着しているということですね。

 

鉄粉がついたまま、走行し続けるとどうなるのでしょうか?

ブレーキの制動力が低下します。

ブレーキだけに制動力は常に良好な状態で走りたいですね!

 

そこで、おすすめのメインテナンスをご紹介いたしす!

 

3.ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」

写真は、ホイールからブレーキローターを取り外し、先程の特殊な溶剤を塗布したところです。

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去2

溶剤が付着していた鉄粉の酸化物と反応をして赤紫色なります。

 

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

更に付け置きすると、色合いが濃くなります。

 

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去4

長時間付け込み過ぎるとシミの原因になるので、程々のところで洗い流します。

 

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去1

水で、鉄粉と溶剤を洗い流します。きれい!スッキリ!ブレーキの効きも良好です!

半年に1回くらいの頻度で行っていただけると宜しいかと存じます。

「オシガモおすすめ!ディスクロードメインテス」

step1:ブレーキローター及びブレーキキャリパーの洗浄 頻度:1~2ヶ月に1回

ディスクブレーキメンテナンス クリーニング

 

step2:ローターがピッカピカ!「鉄粉除去メインテナンス」 頻度:半年に1回

ディスクブレーキのメインテナンス 鉄粉除去3

 

step3:ディスクブレーキのオイル交換(油圧式のみ) 頻度:最低でも1年に1回

ディスクブレーキのメインテナンス オイル交換

 

※ご使用状況により作業の頻度が異なる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

「サイクルショップ オシガモ」では、ディスクロードのメインテナンスを承らせていただいております。

日々、お客様の大事な自転車を大切に作業させていただいております!!

ディスクブレーキのメインテナンスに関しまして、お困りごとがございましたら、お問い合わせいただけるとありがたいです。

 

お問い合わせはこちらから承ります。

 

お電話でのお問い合わせは → TEL.047-387-2698

 

〒270-2213 千葉県松戸市五香7-2―7

 

(有)サイクルショップオシガモ

 

こちらの記事も是非ご覧ください!

「ディスクロードあるあるNG集」

「ディスクロードあるあるNG集」
ディスクブレーキのやってはいけない「あるある」をまとめてみました!もしかしてやっちゃってました!?

 

ディスクブレーキメンテナンス クリーニング

ディスクロードのメインテナンス皆さんどうされてますか?『ブレーキローター及びブレーキキャリパーの洗浄』をご紹介いたします!