BBの音鳴り対処にお勧めでございます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

今回は私(STAFFヨウコ)が、女子としての目線で見たことを書いてみました!!

昨今、カーボン素材(炭素繊維)を用いたフレームが多くなり、私共でも圧倒的に

取り扱うことが多いブランド『GIANT』のフレームにも採用されている圧入式BB

(ボトムブラケット)が使われるようになりました。

各メーカーによる自由な設計、軽量化などメリットもある一方で、圧入式のBBには

音鳴りの問題が少なからずとも生じてしまいます。

 

フレームにBBを圧入する=固い素材のもの同士が密着しているという状態

 

この様な状態で走行中に力が加わりフレームがたわむと

「ミシミシ」、「カツンカツン」音がなってしまう事は想像できますよね。

 

また、「ボトムブラケットの規格」というのがいくつもあるのですが

(現在、数が多く乱立している状態)、フレームの精度によっては

BBを圧入した際に、既に隙間が生じていることもあります。

この様な状態で走行した際には、やはり音鳴りは発生しやすいのです。

 

今回ご紹介させていただきますので、

BBからの音鳴りを解消できる『WISHBONE』です!

 

 

★こんな方におすすめです!

① 現在圧入式のBBを使っているが、ボトムブラケットの音鳴りが気になる方

② 現在お使いの自転車のパーツ交換検討中で、軽量化、剛性、回転性の向上を

兼ね備えたBBをお探しの方

 

★ここがスゴイ完成度の高さに驚き「WISHBONE」!

①BBのワンと一体型のスリーブ同士を左右からねじ込む構造により、剛性を確保しつつ

音鳴りを解消します。

②セラミックベアリングを採用により滑らかな回転 ↓(こちらの動画をご覧ください)

 

③現在ボトムブラケットの規格は、各パーツメーカ、フレームメーカー独自のBB規格が

採用され様々な規格が乱立しておりますが、主要な規格はもちろんのこと、特定の

フレームメーカーが採用する特殊な規格の物にも対応しています。

対応するクランクはシマノやスラム、カンパニョーロはもちろんのことROTOR、

BB386EVOなどほとんどのメーカーに対応しております。

 

価格:¥18,000(消費税・作業工賃別)

 

 

ただ、「音鳴りの解消」はどこから発生しているかを突き止めるまでが

結構大変だったりします。

 

BBが音鳴りの原因だと思っていたら違う所から発生していることもございます。

原因が考えられる箇所を一つ一つ確認をしていくしか方法はありません。

 

WISHBONE製BBの優れているのは音鳴りを防ぐだけではなく、通常の

圧入式BBとは違い、取り外すことが出来るので掃除やメインテナンスが

可能であるということもお勧めのポイントです。

 

『音鳴り』気になる方、ご相談いただければ幸いでございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です