商品紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクスタイル

・長距離ツーリングを楽しみたい!
・レースに出たい!
・長距離を楽に走りたい

○通勤1h
○フィットネス
◎ツーリング
▲街乗り(お買い物等・・)
▲オフロード走行(山道等)


ロードバイクは、こんな自転車ロードバイクは、本来ロードレースで使われる競技用自転車です。その為、より速く、より遠くへ走れるように、余分なものを省いて軽量化が図られています。こぐ力を効率的に引き出すための前傾ポジション、軽快な走りを実現する細身のタイヤ、ロングライドでも疲れにくいドロップハンドルを採用しています。

ロードバイクの特徴

①ロードバイクのハンドルは、ドロップハンドルになっています。
ドロップハンドルは、持つ部分を変えることで、
状況に応じた乗車姿勢をとることができるので、ロングライドでも疲れにくいというメリットがあります。

②タイヤは、路面抵抗の少ない細身の高圧タイヤを履いているので、軽快な走りを楽しめます。

③フレームは、軽量で剛性の高いアルミ、同じ軽量で振動吸収性の良いカーボン、加工しやすく、振動吸収性の良いスチール素材を使用しているものが多いです。その他、金属劣化の少ないチタン素材のロードバイクもあります。

④高速で走ることを想定しているため、通常の自転車よりも速く走れるギアの設定になっています。


クロスバイクスタイル

・毎日の通勤だけでなく、休日のツーリングにも使いたい!
・スピード感をお手軽に楽しみたい!
・お買い物をしたり、寄り道したり、景色を眺めたり、マイペースで楽しみたい!


◎通勤1h

◎フィットネス

○ツーリング

○街乗り(お買い物等・・)
▲オフロード走行(山道等)

クロスバイクは、こんな自転車

クロスバイクは、MTBの気軽さとロードバイクの軽快な走り、その両方の特徴を兼ね備えたスポーツ自転車です。気軽にスピード感を楽しめ、街乗り~ツーリングまで幅広い用途に対応します。ハンドルは取り回しがしやすいフラットなものを使用。価格もロードバイク程高額でないので、スポーツ自転車入門モデルとしてピッタリです。

クロスバイクの特徴


①フレームが軽量。
一般の自転車(ママチャリ)の半分くらいで10~13kg前後

②タイヤは、舗装路に適し抵抗の少ない比較的細めのタイプと安定感のある太めのタイプがある。

③脚力の弱いビギナーや、女性でも快適に走れるように比較的比較的低めのギア比が設定されています。

④手頃な価格設定と乗り易さで入門モデルとしても最適


マウンテンバイクスタイル

マウンテンバイクスタイル
・オフロード大好き!山の中を駆け巡りたい!
・街中でも段差を気にせず、アグレッシブに走りたい!
・やっぱりマウンテンバイクのルックスが好き!

▲通勤1h(街乗りタイプなら○)
◎フィットネス

▲オンロードツーリング

▲街乗り(街乗りタイプなら◎)

マウンテンバイクは、こんな自転車
マウンテンバイク(MTB)は、本来未舗装路や山道を走るために作られた自転車で、悪路でも壊れない頑丈なフレームと、路面の凸凹を吸収するサスペンションを備えています。
タイヤも太いブロックパターンのものを装備しているので悪路での走破性が高く、パンクし難いという特徴を持っています。最近は、悪路でも確実な制動力が得られるディスクブレーキを採用するモデルも多い。

マウンテンバイクの特徴
①ハンドルは、取り回しがしやすく操縦性に優れたフラットハンドルタイプ
②タイヤは、悪路を走破するための太めでパンクし難いタイヤです。
③フレームは、転倒しても壊れにくい頑丈なフレームです。
④マウンテンバイクは、悪路走行に備えて、凸凹を吸収するサスペンションを装着
⑤急勾配、ぬかるんだ道、平坦路などあらゆる路面コンディションに対応する為、マウンテンバイクのギア比は、ワイドなギア比を設定


Xロードスタイル

・舗装路&未舗装路どんな路面状況でも走れるスポーツ自転車が欲しい!
・オフロードで長距離も走破したい!

◎通勤1h

◎フィットネス

◎ツーリング

▲街乗り(お買い物等・・)

ロード系バイクは、こんな自転車
アスファルトなどの舗装路も快適に走れるが、砂利や林道も駆け抜けることができるクロスオーバー車。
舗装路から未舗装路まで、幅広い路面に対応します。

Xロード系バイクの特徴
①オフロードでも走行できる太目のタイヤを装着できる
②泥づまりや雨天走行でも走行可能なブレーキ形状(DISCブレーキ等・・)
③レースモデル以外はリアキャリアを取り付けることができ、ツーリング車としても使用可能。


小径車スタイル

・収納にも便利なコンパクトなスポーツ自転車が欲しい
・車輪は小さいけれど、乗り心地も重視したい

○通勤1h

◎フィットネス

○ツーリング

◎街乗り(お買い物等・・)
▲オフロード走行(山道等)

小径車は、こんな自転車
車輪が小さいので気軽に、お洒落にスポーツ自転車を楽しめます。
収納もコンパクト。収納スペースが限られている方にもおすすめです。

小径車の特徴
①車輪は小さいけれど、走行性能はなかなかのもの。
②タイヤは、舗装路に適し抵抗の少ない比較的細めのタイプと安定感のある太めのタイプがある。③ハンドルは、気軽に乗れるフラットバータイプから
本格的な走りを楽しめるドロップハンドルタイプとある。
モデルによってはよりコンパクトになる様に折り畳めるタイプもある。



取り扱いメーカー

ANCHOR、ARAYA

BASSO、BLUE COMPETITION CYCLES、BOMA、BOOTLEG

CALAMITA、CALFEE、DESIGN、CARRERA、CENTURON、CERVELO、CINELLI

DAVOS、DA BOMB、DIALLED BIKES、DMR

EDDY MERCKX、EMPEROR、ENE CICLOFELT、ELIXXIR、ELLSWORTH、

FONDRIEST、FUJI、FIRE EYE


GAN WELL、GHISALLO、GIANT、GIOS、GT

J-FIT

IBIS、IDENTITI、INSPIRAIL

KHS、KOBA、KUWAHARA、

LAPIERRE、LOOK、LYNSKEY PERFORMANCE、LEAFCYCLES

MACMAHONE、MASI、MOOTS、MOREWOOD、

NAKAGAWA、NICOLAI、NINER BIKES、NS BIKES、

ORBEA

PANASONIC

QUAMEN、

RALEIGH、RITEWAY、ROYAL NORTON

SAB、SCHWINN、SERAPH、SOMA FABRICATIONS、SPOT BRAND、STAATS、

TIME、TITUS、TNI、TOEI、TOYO、TRIGON、TRANSITION、TURNER

UN AUTHORIZED