お客様の声

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

「ディスクロード あるある NG集」~もっと知りたいディスクロード その1~

ディスクロード

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

本日は、ディスクブレーキのメインテナンスについてご紹介させていただきます。

GIANT DEFY ADVANCED2

ディスクロードにご興味がある方でも、メインテナンスに不安を感じる方も多いのではないでしょうか?
「ディスクロードってメインテナンスが面倒くさそう」、「ディスクロードのメインテナンスってよく分からない」、「ディスクブレーキには触ってはいけない気がする」…………等々。

また、せっかくご購入いただいたディスクロードをメインテナンス方法が分からないという理由で放置していらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれる「ディスクロードですが、お手入れを怠るとその性能を十分に活かすことが出来ません。

日常的なメインテナンスと、ショップに任せるメンテナンスをしっかり確認していただき、安全で楽しい走りを満喫していただければ幸いでございます♪

本日のお題は、「ディスクロード あるある NG集」です。

本当はやってはいけないあるあるをまとめてみました。

現在、ディスクロードにお乗りいただいている方も、これからご購入希望の方もご参考にしていただければ幸いでございます。

 

ディスクブレーキ あるある NG集

①ブレーキローターを直接手で触っていませんか?

②スプレー式の油で注油していませんか?

③油の付着したままの汚れたウエス、または汚れたブラシで掃除してませんか?

④ブレーキパーツクリーナーでディスクブレーキのローターやキャリパーの洗浄をしていませんか?

 

①ブレーキローターを直接手で触っていませんか?

人の手には意外と油がついています!
ローターを手で触ってしまうと、元々手に付いている油が付着してしまい制動力が落ちてしまいます。

ディスクブレーキ

走行後にディスクを手で触るのも非常に危険です。
ディスクローターは高熱になっており、直接手で触れると火傷します!

 

②スプレー式の油で注油していませんか?

特に後輪のブレーキローター付近で、スプレー式オイルで注油してしまうとブレーキローターやブレーキキャリパー(ブレーキパッド)に油が付着してしまいます。
ディスクローターに油は厳禁です!

チェーンにオイルを注油していただく際には、スプレー式オイルでの注油は避けましょう。

 

チェーンオイルと言えば「スプレー式」と思われがちですが、刷毛で塗るタイプや一滴一滴垂らすリキッドタイプの製品もございます。ディスクブレーキを装備している自転車の場合、下記のようなオイルの方が望ましいです。

ディスクブレーキの注油

『WAKO’Sのチェーンルブ』は一滴一滴垂らすタイプで、 ディスクロードの注油におすすめです。

 

もし、以前に購入されたチェーンオイルがスプレー式のものでどうしてもそちらを使わないといけない時には、ディスクローターにオイルが掛からないよう、しっかりとガードしできるだけローターから離れたクランク寄りの所でオイルを注油して下さい。

 

油の付着したままの汚れたウエス、または汚れたブラシで掃除してませんか?

ディスクブレーキメンテナンス 汚れウエス

「ディスクローターに油は禁物!」と分かっていても何となくやってしまいがちなのが、チェーンを掃除した後のウエスやブラシでディスクブレーキを掃除してしまう。

「どうせ汚れてるし何枚もウエスを汚すのは勿体ない!」というお気持ちも分かりますが、ディスクブレーキをお手入れする場合は、専用のウエスやブラシをご用意下さい!

チェーンを掃除した後のものは、キレイに見えても確実にオイルが付着しております。

当店でお客様のディスクローターやキャリパーをお手入れさせていただく際には、ディスクブレーキ専用のウエスやブラシを用意して作業をさせていただいております!

ディスクローターのお手入れ方法につきましては、次回の記事でご紹介させていただきますね。

 

ブレーキパーツクリーナーでディスクブレーキのローターやキャリパーの洗浄をしていませんか?

スプレー式でお手軽、大容量、安価な「ブレーキパーツクリーナー」気軽にお使いいただけるので、お手入れに使っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、この「ブレーキパーツクリーナー」使い方によってはパーツや自転車を傷めてしまします!!

自転車のパーツは金属だけでなく樹脂も使われているため、このブレーキパーツクリーナーは付着すると樹脂や塗装面にを侵食してしまいます。

ディスクブレーキのお手入れでは、一部の製品を除き安易にお使いいただかないようにしてください。

 

以上、「ディスクロードあるあるNG集」でした。

 

「自分でメンテナンスをするのは面倒くさい」

「休みの日は走る事に専念したい」

「常に良い状態で走行したい」

「レース(イベント)前なので、ベストコンディションで臨みたい!」・・・等、

 

ディスクロードのメンテナンスを専門店でご希望のお客様は、

サイクルショップオシガモにて承らせていただきます!

ディスクブレーキメンテナンス クリーニング

こちらからお問い合わせ願います。

GIANT TRINITY ADVANCED

いつも当店をご利用いただきありがとうございます。
 
本日はGIANT TRINITY ADVANCEDを納車させていただきました。
 
本日はお忙しい中、
ご来店いただきましてありがとうございます。
 
 
今週末の館山わかしおトライアスロンに出場されるそうです。
http://tate-tra.com/
 
ご健闘をお祈りいたします!!!

ネジ山修復

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

少しだけ業務ネタにて失礼致します。

暮れも迫ってまいりましたが、本当に有り難いことに作業に追われる毎日でございます。

そんな最中、ご自身で作業をされたお客様が困り果ててご来店……..

DISCブレーキのキャリパー固定ボルトを締めこんでいる際に強く絞めすぎて

しまったことが原因でメス側のネジ山をダメにしてしまいました。

いきなり衝撃的な画像かもしれませんが、ドリルを使います!!

先ずはネジ山を修復すべく使用するネジの太さよりも若干太めのドリルで

ドキドキしながら穴を拡張します。

そしてタップを使って新たにネジ山を立て直します!!

分かり難いかもしれませんが、アルミの台座に新たにネジ山が出来たところです。

そこへステンレス製のリコイルを専用工具を使い取り付けます!!

アルミに直接ネジ山を立ててある元々の状態よりも強化されます。

無事にブレーキキャリパーが取り付けられるようになりました!!

 

私共では、この様な作業も承っております。

お困りのお客様がいらっしゃいましたら、是非とも私共へご相談ください。

 

 

2017年12月20日 | カテゴリー : 業務ネタ | 投稿者 : oshigamo

GIANT GEAR

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

今朝も寒かったですね!!毎朝、散歩に出掛けるのですが今朝の寒さは堪えました。

 

さて、GIANTから待望のアイテムが入荷してまいりました!!

昨年あたりからサドルの後部分(矢印の箇所)になにやら見慣れない取り外しが

出来る物が付けられていました。最初は何だろう?と思っておりました。

2018年モデルとして展開されたアイテムの中に、その謎を解くアイテムがありました!!

UNICLIPシステム対応サドル

NUMEN+ UNICLIP TL

空いているスペースを有効利用することが出来る充電式テールライトです!!

取り付けは簡単アダプターをネジ止めするだけです!!

サドルバッグが付いていても後方からの視認性は全く問題ありません。

GIANTでは、この箇所に取り付けることが可能なサドルバッグやフェンダーを

現在開発中だとか・・・・・ご期待ください!!

 

もう一つ、ご紹介させていただきます。

GIANT NEOS TRACK

GPSをはじめとする様々な機能を備えたハイエンド・サイクルコンピューターです!!

お蔭様で大人気で欠品するほどのアイテムとなっております。

https://www.giant.co.jp/giant18/acc_datail.php?p_id=A0002115

一度は入荷したものの欠品が続いておりましたが、先週再入荷してまいりました。

Ant+または Bluetooth SMART とペアアリングすることでお使いいただけます。

※センサー類は別売となっております。

ナビゲーション機能・パワー表示(別途計測機器が必要になります)・Di2のギアポジションや

バッテリー残量なども表示可能となっております。

 

この他にも魅力あるアイテムを多数展開するGIANT GEAR!!

店頭にも沢山のアイテムを揃えております!!

 

詳しくは店頭にてご確認いただければ幸いでございます。

宜しくお願い致します。

2017年12月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : oshigamo

イタリアの老舗サドルメーカーから新作が届きました!!

いつも当店をご利用いただきまして有り難うございます。

イタリアの老舗サドルメーカーである『サンマルコ』より新作のSHORT FIT C

届きました。

SHORT FIT Cは快適性を重視した形状でありながらも、前傾姿勢が取りやすく、

レースサドルとして優れたモデルになっております。サドル中央部には穴が空けられ、

更に厚いパッドが装入されているので、痛みから解放してくれます。

またパッドによる不安定さを解消するため、サイドからしっかり身体を支えることが出来る

設計となっております。

 

シクロワイアード様でもSHORT FIT Cについて特集されています!!

http://www.cyclowired.jp/news/node/244205

■ショートフィットC レーシング

サイズ:249×145mm
重量:214g
カラー:BLACK、BLACK/RED
カバー:MICROFEEL
レール:XSILITE
価格:¥16,800(税別)

■ショートフィットC ダイナミック

サイズ:249×145mm
重量:239g
カラー:BLACK/WHITE
カバー:MICROFEEL
レール:MANGANSE
価格:¥10,500(税別)

このサドルを使って、より遠くへ、そして快適に走ってみてはいかがでしょうか!?

 

その他、TIMEのペダルやクリートも再入荷してまいりました!!