初心者だけじゃない!ベテランライダーさんも納得の入門用ロードバイク!「GIANT CONTEND SL」(店頭在庫あり)

いつも当店をご利用いただきましてありがとうございます。

 

本日の担当は、スタッフ ヨウコです。

 

今日は、

GIANTの中でも人気の入門用ロード「CONTEND SL」シリーズについてご紹介させていただきます。

 

 

ロードバイクを始めようかな~と思ったとき、
ネットで検索すると色々なメーカーの様々なモデルが
検索されますよね。例えば、

「ロードバイク」・・・26,600,000 件

「ロードバイク 初心者」・・・1,380,000 件

「入門用ロードバイク」・・・504,000件

 

この中から、選りすぐりの1台を見つけるのは至難の業です。

 

そこで本日は、
「初心者の方にお勧めの10万円台ロードバイク」をご紹介させていただきます

 

下記にお勧め理由をまとめてみましたので

ご覧ください!

 

CONTENND SLをおすすめする3つの理由!

①軽くて丈夫!

③乗り心地が良いのに良く進む!

④チューブレスレディタイヤ採用!

 

 

①軽くて丈夫!

ALUXX-SLという上級アルミ素材を採用しています。

軽くて丈夫!扱いやすい!反応が良い!

 

CONTEND SL2 9.2kg
CONTEND SL1 9.0kg

軽いですね!

 

ロードバイクですから

軽さを感じられるというのは重要です!

 

 

②乗り心地が良い!

CONTENNDは、上位モデルのレーシングロードバイク「TCR」と

ロングライド向きロードバイック「DEFY」の良いところ取りのモデルになっており、

 

初心者の方が楽な姿勢で乗れるよう、

前傾姿勢がきつくならないようなフレーム設計です。

 

シートポストの形は、かまぼこ形!?

この、かまぼこ形が効くんです!

GIANT独自のシートポスト形状「D-FUSEシートポスト」

後にしなり、身体への振動を吸収してくれます!

しかもカーボン素材を採用!

 

 

また、力がかかる部分は、剛性を強化し、

力が逃げないような工夫がされています。

 

初めての方でも楽しく乗れるロードバイクに仕上がっております。

 

 

④チューブレスレディタイヤ採用!

先日もチューブレスレディタイヤについて取り上げましたが、

 

「乗り心地が良く」、

「グリップ力が良く」、

「パンクのトラブルが軽減される」

チューブレスレディタイヤ

を採用しています。

 

 

 

初心者はもちろん、
ベテランライダーさんの通勤用としても
おすすめのロードバイク

「CONTEND SL」シリーズのご説明でございました。

 

 

現在、店頭に
CONTEND SL2 ¥125,000(税別) Mサイズ チャコール

 

 

CONTEND SL1DISC ¥160,000(税別) Sサイズ マットチャコール

がございます。

 

ご興味のある方は、
足をお運びいただければ
喜んでご説明させていただきます。

 

先ずは、下記よりお問い合わせいただけるとありがたいです。

TEL:047-387-2698

メール:webmaster@oshigamo.com

 

ロードバイクに乗っている8割の人が今すぐ換えたくなる「チューブレスレディタイヤ」の魅力

本日の担当は、スタッフ ヨウコです。

私(女子?)目線で、

『とっても気になる』、『お客様にもっと知っていただきたい

自転車の題材をピックアップして分かりやすい情報をお届けいたします!

さて、本日の題材は「チューブレスレディタイヤ」です。

 

タイヤの種類として、現在主流とされているのは、

タイヤの中にチューブが入っている

「クリンチャータイヤ」ですが、

 

タイヤの中にチューブが入っていない

『チューブレスレディタイヤ』の需要は年々高まりつつあります。

チューブレスレディタイヤ

 

 

GIANTの2018年モデルにおきましては、一部の製品を除き

入門用ロードからハイエンドのモデルまでの全てに

『チューブレスレディタイヤ』が標準で装備されています。

 

 

MTB(マウンテンバイク)では当たり前になった『チューブレスレディタイヤ』でありますが、

近年では、、ロードバイクにもその勢いが広がりつつあります。

 

やはり、それは『チューブレスレディタイヤ』がライダーにとって、

とってもメリットのあるタイヤだからです!!

 

皆さんは『チューブレスレディタイヤ』に関して、どの様な印象を

お持ちでいらっしゃいますか?

 

『パンクしたらどうしよう?』

『タイヤを取り付けるのが大変そう?』

『チューブが入ってないから軽い?』

 

何となく知っているというお客様も全くご存じないお客様も

是非、『チューブレスレディタイヤ』の魅力について、ほんの少しだけ

ご理解いただき、興味を持っていいただければ幸いでございます。

 

さて、本題です。

『チューブレスレディタイヤ』って何がいいの!?

チューブが入っていないと、いろいろと良いことがあります!!

 

チューブレスレディタイヤのメリットを以下にまとめてみましたのでご覧ください。

 

①乗り心地が良い!

★低圧にできるので、クリンチャータイヤよりも振動を吸収性◎!

路面から衝撃があると

タイヤ → ホイール → フレーム → 人
の順に振動をが伝わります。

 

タイヤを低圧にすると
振動は伝わりにくいと言われています。

ということは・・・・。
低圧にできるチューブレスレディタイヤは
振動吸収性に優れ、乗り心地が良いのです!

 

②軽い!

★チューブが無いので、タイヤとチューブの摩擦が生じないので

 軽い走行感が得られる!

★最小のブチル量で成型できるので、タイヤ自体が軽い!

GIANTの製品では、同等モデルのクリンチャータイヤと比較して、
チューブレスレディタイヤの方が、8%も軽量化されているタイヤもございます

 

③パンクのトラブルが軽減する!

★リム打ちパンクのリスクがほとんどない!

チューブが入っていないので、
低圧時に良く起こる車輪の部分と
チューブが当たってパンクする
「リム打ちパンク』が大幅に減ります。

 

★シーラント(パンク修理防止剤)を注入で
パンクのトラブル大幅減!

 

GIANT JAPAN様のホームページに

シーラントの効果を確認できる衝撃的な動画が掲載されています。

まずは、こちらをご覧下さい!!!

 

チューブレスディの場合、タイヤ装着の際にタイヤの中に『シーラント』という

液体を注入する必要があります。

 

これはチューブレスレディタイヤには空気を

保持する為のエアーシール層が存在しませんので、シーラントをタイヤへ

注入することによりエアーシール層を作ることが出来ます。

これによりタイヤ内部のエアーを保持しています。

このシーラントですが、タイヤの内側へエアーシール層を作るだけではなく

タイヤに穴が開いてしまった際には、このシーラントが空気と触れる事で

皮膜を作り、空気が漏れることを最小限に抑えつつ穴を塞いでくれるという

働きをしてくれます。

 

直径3mm位の釘の穴まで塞ぐことができるので、クリンチャータイヤよりも

パンクのトラブルは軽減されるはずです。

 

それでもパンクしてしまったときはどうするの??

心配ですよね。パンクしてしまったら・・・。

 

実は、チューブレスレディの場合、パンク修理もとっても簡単

タイヤの外から穴が開いた箇所に絆創膏のようにペタッと貼るだけ!
簡単ですよね!
只、これは応急処置ですのでパッチを貼るほど大きな穴が空いてしまった場合には、

ご自宅に戻られてから早々に、タイヤを交換する必要があります。

 

 

②グリップ力が向上する!

こちらは、オフロードにおけるマウンテンバイクの画像です。
オフロードの場合、グリップ力を向上させるため
通常、オンロードで走るときよりも低圧でセッティングします。

 

オンロードにおきましても

タイヤを低圧にセッティングすることで
グリップ力が向上し、コーナリングが安定するなどのメリットがございます。

 

 

チューブレスレディタイヤの魅力 まとめ

①乗り心地が良い!

②軽い!

③パンクのトラブルが減る!

④グリップ力向上!

 

チューブレスレディタイヤは、空気圧を低くすることができます。
低圧に出来ることのメリット!

①路面との接地面積が大きくなり、安定感が増します。

②グリップ力が向上し、コーナリングが安定します♪

③クッション性が良くなり乗り心地が良くなります。

 

以上、簡単でございますが、
チューブレスレディについてご紹介をさせていただきました♪

ご質問等ございましたら、お問い合わせいただければ幸いでございます!

 

メール:webmaster@oshigamo.com

電話:047-387-2698